ブログ

2020年11月2日

神山町集合住宅コモンハウスがオープンしました

五年来、設計監理で伴走させていただいている、徳島県神山町の集合住宅プロジェクト。その肝となる、コモンハウスとコモンエリアが11月1日にオープンしました。地域住民が集う場、子供たちが立ち寄れる場、感性を育む場として、これから育っていく場所となります。公営の集合住宅でこうしたコモン機能が付随している例はまだまだ希少かと思われます。

プロジェクトもあと半年足らず。残り2棟の住宅を残すばかりとなりました。

(神山集合住宅プロジェクト:https://www.town.kamiyama.lg.jp/co-housing/

※設計監理:「神山町のあす環境デザイン共同企業体」 

 建築担当:ビオフォルム環境デザイン室(担当:吉田涼子、池辺友香子) 

 ランドスケープ担当:プランタゴ(田瀬理夫)/ユニットタネ(鎌田あきこ)

コモンハウス棟全景(右側の建物は住宅部分です)
内外装とも地元の山の木材を使用しています。
コモンハウス
天窓からやわらかい光が差し込む書庫。子供も楽しめる絵本が並びます。
2020年1月26日

神山町集合住宅のコモンハウスが上棟しました。

徳島県/神山町で進んでいる集合住宅プロジェクト。
今日は、その主要な施設となるコモンハウスが、上棟しました。
集合住宅の住民の方々と町民のみなさんが共有して使うことのできる施設です。町の子供たちが気軽に寄れる場所を目指しています。
町の木材、大工さん、職人さんたちと、それをバックアップする、町、公社、設計者が、ワンチームになって進めています。
上棟式では、地元の獅子舞が披露され、餅まきが行われました。餅まきに歓喜する子供たちの姿を見るのは嬉しい。

2017年10月4日

徳島県神山町 大埜地集合住宅プロジェクト

ビオフォルム環境デザイン室では、徳島県の神山町、大埜地集合住宅のプロジェクトの
設計チームの一員として建築部分の設計を担当しています。
地域の資源を大切にし、地域の人々と作るなど、次の世代へ繋いでいく
様々な取り組みを盛り込んだプロジェクトです。
現在、第一期工事が着工し、来年春の竣工に向けて工事が進んでいます。
そして、いよいよ来春入居の第一期募集がスタートします。
ご興味ある方は是非、作るプロセスや環境にも十分配慮した技術的な仕組みなども含め、
神山の情報をチェックしてみて下さい。

神山では集合住宅に関連したイベント、鮎喰川住まい塾等も開催されています。
また、弊社スタッフも『ソトコト』9月号に掲載されていますので、是非ご覧下さい。

大埜地集合住宅特設ページ
http://www.town.kamiyama.lg.jp/co-housing/

鮎喰川住まい塾
http://www.in-kamiyama.jp/events/26449/

『ソトコト』9月号