ビオフォルム日記

2019年9月24日

日高の家で土壁ワークショップを行いました。

先日行われた「日高の家2」でのワークショップの模様をご報告します。
①8月24日:竹小舞
②8月31日・9月1日:土塗り
竹小舞と土塗りを2タームに分け、以上の日程で行いました。
全日多くの方にお越し頂き、左官屋さんとお施主様、関係者、希望者の約20名(各日)で作業を進めました。

まずは竹小舞からご紹介します。竹小舞は土を塗るための下地となります。
竹を所定の長さに切り、

棕櫚を使いながら編んでいきます。

竹が格子状に組まれ、土を塗る下地ができます。

事前に、お施主様ご自身で2階部分と1階の一部の施工を済ませて頂いていたため、
2日予定していた作業がなんと1日で終わってしまいました。

続いて、土塗りの模様です。

荒木田土という粘土質の土に藁と水を混ぜて練り、数ヶ月かけて発酵させたものを使います。
藁は土と同等の嵩量分、混ぜています。
こうすることで塗りやすく、割れづらい土壁ができます。

鏝板という持ち手のついた板に土を盛り、鏝で竹小舞の上から土を塗り付けていきます。

内側から塗った後は、外側からも土を塗る事で、竹小舞を土で挟む様に仕上げていきます。

暑い中での作業となりましたが、参加頂いた皆様のおかげで、無事予定の所までの作業が終了しました。
お施主様からも、「一生忘れられない体験ができた」と喜んで頂き、コーディネートさせて頂いた私共の嬉しさも一入です。


2019年7月22日

竹子舞ワークショップを行いました。

7月20日「日高の家2」にて行われた、竹子舞レクチャーのワークショップの模様をご報告させていただきます。

8/24.25 8/31.9/1に予定している竹子舞、土壁ワークショップに先駆け、左官屋さんから、お施主様と関係者にレクチャーをして頂きました。本番のワークショップに向けて、竹子舞の施工方法を学び、一通りの作業を確認しました。

当日は曇りで比較的作業のしやすい気候ではありましたが、慣れない作業は予想以上に体力を消耗します。本番ではかなりの暑さが予想されますので、ご参加予定の方はお体にご自愛下さい。


2019年7月17日

引き続き設計スタッフ募集しています。(2019年7月17日現在→9月15日現在 募集終了しています。)

この6月に「日本仕事百貨」さんのお力添えを得て、求人募集を行いましたが、弊社では、引き続き設計スタッフを募集しています。(約2名ほど。)(6月11日をもちまして、日本仕事百貨さんのサイトでの募集は終了となりましたが、引き続き弊社では業務多忙につき、募集をしております。)
https://shigoto100.com/2019/05/bioform
ご興味、ご関心のある方は上記「日本仕事百貨」のサイトをご覧ください。

ご連絡は、代表山田まで、経歴書などを添えてメールでお願いいたします。→  tyamada@bioform.jp
どうぞよろしくお願いいたします。(写真は徳島/神山町 町営集合住宅 二期工事竣工の様子)


2019年7月1日

「伊豆高原の家」着工します。

東伊豆にて、「伊豆高原の家」がいよいよ着工です。
築5o年の2階建ての民家を減築・改修し、おおらかな平屋の住まいを目指します。


2019年7月1日

「日高の家 2」上棟しました。

6月初週、「日高の家 2」が上棟しました。伝統的な竹小舞・土壁の家です。
温熱環境にも配慮しながら、気候風土に合った住まいづくりを目指しています。
夏には、竹小舞、土壁ワークショップを行う予定なので、ご興味ある方はぜひ今後も注目していただけたらと思います。

 


2019年5月28日

「日本仕事百貨」で求人募集を開始しました!

先般より、当方設計スタッフを募集しておりましたが、この度新たに、「日本仕事百貨」さんのお力添えを得て、改めて求人情報を掲載しております。(6月12日追記:6月11日をもちまして、日本仕事百貨さんのサイトでの募集は終了となりましたが、引き続きご関心のある方はご連絡ください。 tyamada@bioform.jp 山田まで)

https://shigoto100.com/2019/05/bioform

ご興味、ご関心のある方は上記「日本仕事百貨」のサイトをご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。(写真は徳島/神山町 町営集合住宅 二期工事竣工の様子)


2018年12月8日

設計スタッフ募集 2019.3.8現在

【設計スタッフを募集いたします。】
ビオフォルム環境デザイン室では、新たに設計スタッフを募集いたします。 (2019年3月8日現在)
当方らは、パーマカルチャーなどのデザイン手法、考え方を下敷きに環境や地域との関係性を大切にした設計活動をしてきました。人と環境に配慮した持続可能な建築、場、価値作りを目指しています。
その表現として、風土に根ざした伝統的なつくり方を大事にしながら、現代の技術をも組み合わせた環境建築を設計しています。

住宅を中心に、各種施設(共同住宅、宿泊施設、保育園など)の設計に取り組んでいます。
現在では住宅の設計が5件程度、木造の集合住宅プロジェクトが2件程度、環境に配慮した宿泊施設の計画や、東京近郊での20世帯規模の「食べられる庭、福祉施設、小商いが出来る住環境」をテーマにした場づくりの計画などが進行中です。

こうしたテーマに関心と熱意を持って取り組んでいただける新たな仲間を募集いたします。

●求める人材:
・ものづくりに情熱を持って元気に取り組める方
・木造住宅、木造建築の設計を経験者あるいは目指している方、興味のある方
・環境問題やコミュニティの課題について広く問題意識、関心がある方
・広い視野でプロジェクトをまとめていける方
●業務内容:
・住宅、各種施設の設計、監理
・環境設計など
・各種提案業務 他 これに関係する業務
●勤務条件
・勤務場所  :東京都国分寺市弊社事務所(JR国立駅徒歩3分)
・雇用    :試用期間3ヶ月後相談の上、正規職員
・基本勤務時間:9:30〜18:30
・休日    :土日、祝日、年末年始、夏季休暇
・給与    :面談、相談の上決定
・その他   :雇用保険加入

ご応募お待ちしています。まずは弊社のメール:tyamada@bioform.jp
まで履歴書添付の上、ご連絡ください。質問など遠慮なくお問い合わせください。
担当:山田


2018年11月28日

『日高の家』「気候風土適応型プロジェクト2018」に決定

平成30年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)「気候風土適応型プロジェクト2018」に弊社のプロジェクト『日高の家』が選ばれました。
この事業は、地域の気候風土に応じた木造建築技術の継承・発展と低炭素社会の実現に貢献するため、伝統的な住文化を継承しつつ、環境負荷の低減を図るモデル的な住宅の建設に対して、国が支援するものです。

この日高の家は伝統的な軸組木構造と竹小舞土壁の家で、地域の気候と特性に応じた設計や新しい技術と伝統的な技術との融合が評価されました。

南側の大きな開口から太陽の光が存分に入り、風がよく通るこのお家は、とても心地のいい空間になると思います。
来年着工となりますが、今から完成が待ち遠しいです。

「気候風土適応型プロジェクト2018」発表 国土交通省HP
http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000828.html



2018年11月27日

「東伊豆の家」 が竣工しました。

この春から工事を進めていた「東伊豆の家」 がいよいよ竣工しました。
かつて旅館を営んでいた場所に、その旅館を解体し、約36坪の平屋の住宅を作りました。
旅館は敷地いっぱいに建っていたため、日当たりが悪い状態でしたが、南に対して、L字のプランとしたため、昼間を通じて、満遍なく日が縁側や居間に当たるようになりました。
海が直前にあり、この風景がこの家の大きな資源です。朝は朝日が、夜は月が水平線より上がる様子を居間から眺めることができます。南北に開いているため、心地よい海風が家の中を通り抜けます。
しっかりとした断熱と、開口部の障子などの効果により、冬暖かい家になっています。
朝早く、この家の前では定置網から水揚げがあります。上がった魚をさばく土間キッチンもしつらえました。

 


2018年10月5日

「湘南プロジェクト」基本計画

約2,000㎡の敷地にコモンハウス、店舗、店舗併用住宅、
専用住宅のコミュニティを計画。
パーマカルチャーというキーワードを背景に、
人と環境と地域をつなぐ場をつくることが目的です。

計画地内には店舗の他に住民や地域の人が集まれるキッチン付きの
コモンスペースがあり、また、シンボルツリーのある広場や畑、池などもあり、
多様な人が集まり交流が生まれることを期待しています。

工事はまだ先になりそうですが、
コミュニティが出来て育っていく様は今から楽しみです。