お知らせ

2012年9月6日

住まい手さんと行く木の工場見学

先日、現在ご自宅を新築中の住まい手E様と一緒に、茨城のプレカット工場の見学に行きました。

ビオフォルムでは住まい手さんに木の家について学んで頂く機会をなるべく多く設けるようにしています。
自分の家で使われている木材が、いったいどこから来たのか?
そんな由来を知ることも、長く愛される住まい作りでは大切なことです。

今回おじゃましたのは、茨城県西プレカット恊同組合さん。
無垢の国産材の価値を大切にし、「国産木造住宅を守る会」なども設立されています。
住まい手さんの敷地から伐採した木もこちらに運ばれ、製材されます。

今回の建物の軸組は、機械加工によるプレカットと大工さんによる手刻みの併用で加工が進められています。
プレカットの加工は、加工前に図面を見ながら全ての加工を決めてしまいますが
大工さんの手刻み加工は、木を見ながら直接大工さんと話をすることが重要になってきます。
直接話す事で材料に対する細かい気配りもでき、
大工さんの感覚的な部分と設計者側の感覚的な部分のすり合せも可能になります。
大工さんと話す時は、手仕事の面白さを改めて感じる時です。

国産材を使うことはもちろんですが、さらに一歩進んで、なるべく近隣の山からとれた木を使う。
そして近くに住む職人さんとの仕事を大切にする。
そんな「地産地消の家づくり」がもっと広がっていくことを願っています。

(担当:鈴木)