ビオフォルム日記

2015年2月13日

カミツレの里/八寿恵荘 改装工事進行中

長野/池田町の「カミツレの里/八寿恵荘」の改装工事が着々と進行中です。
ここは、カモミールを軸に自然素材、地産地消、環境配慮というテーマで健康と癒しの場をつくろうとしています。
地元の赤松を内装材に、また同じくチップにしたものをチップボイラーにて使用して暖房とカミツレ風呂の給湯に使用します。
すでに、オーストリア製のボイラーも設置されました。
また敷地に生えていた60年生の杉は次の役割をはたすべく、現在森林組合の土場で待機中です。どんな活用の仕方があるのか、これからじっくり考えます。
5月オープンを目指しています、乞うご期待です。

DSCN1303

DSCN1310

DSCN1304 DSCN1320