里山長屋

環境、隣人、地域との関係性を紡ぐ日本的エココミュニティ

生態系の仕組みをモデルとしたデザインの方法論である、パーマカルチャーを学んだ4世帯による、コーポラティブ形式による、コレクティブハウス・プロジェクト。住まい手自らが主体となって企画した、環境に負荷をかけない「地産地消」の家づくりです。
日本のパーマカルチャー的な風景としての「里山」、と昔ながらのご近所つきあいを象徴する「長屋」をイメージしたつくりになっています。
環境とコミュニティ、という現代の大きな二つの課題に対して、住環境としての解決をめざしています。
土壁や地産地消の自然素材の使用など、建物そのものがもつ環境性能に加えて、さまざまな環境配慮型の技術を取入れています。住まいの総合的な価値を構築する試みです。環境との関係性をつくることは、隣人や地域との関係性をつくることにも通じます。小規模ながらも日本的なエココミュニティのモデルとなるかもしれません。
四世帯が横並びに配列した長屋形式に加えて、コモンハウスと呼んでいる住まい手皆が利用できる空間を用意しています。そのことで、住まいのプライバシーは確保しつつ、必要なときに住人同士のコミュニケーションをはかることができます。

人も、陽の光の熱も集まるところ

主要な10件ほどの建物では、冒頭の解説文の後に、写真とコピー、説明文とで構成する、数個のグラビア的なブロックを続けます。キャッチコピーは、写真の上に載せても写真の外に出してもかまいません。場合によっては説明文は省略しても良いでしょう。その建物の特徴を印象的に紹介するために、少し手を加えては、と思います。ブロックエディターは、それを簡単に実現するはずです。

小見出しは、白背景の上だけでなく、情報量の少ない写真の上に重ねて配置して、印象的に見せることも。文字色は白か黒。必要に応じて白か黒のシャドーをつけて表示する。

写真:砺波周平(一部、山田)
所在地神奈川県相模原市
家族構成4世帯(A邸:夫婦+母、B邸:夫婦+子ども2人、C邸:単身、D邸:夫婦)
竣工2011年2月
規模木造2階建て
用途住宅
延床面積378m2(114坪)
その他土壁、太陽熱集熱システム「そよ風」、太陽光発電、薪ストーブ、ペレットストーブ、ダイレクトゲインによる土間蓄熱、天窓による重力換気と照明負荷低減、雨水利用タンク、雨水利用トイレ、環境モニタリングシステム

主要設計事例一覧

  • 東伊豆の家

  • 新座の家

  • 藤野 / 連の家1

  • 藤野 / 連の家2

  • 藤野 / 連の家3

  • 藤野 / 連の家4

  • 伊勢の家

  • 藤野 / 風の家1

  • 二俣川の家

  • 藤野 / 森の家2

  • 久我山の家

  • 里山長屋

  • 足立 エコアパート

  • 神山町集合住宅

  • 鎌倉コーポラティブ住宅

  • Okatte西荻

  • カミツレの里 / 八寿恵荘

  • PICA山中湖ヴィレッジ / レストラン

  • おひさま保育室

  • 陸前高田 「ペチカ」

  • いるかビレッジ / カフェ棟

  • いるかビレッジ / コモンハウス棟

  • いるかビレッジ / デイケアサービス棟