Sustainable

省エネで快適な暮らし

環境を設計する:本当の省エネな暮らしとは?

太陽とパッシブデザイン
エアコンのスイッチを入れる前に

photo_concept_2_1

 住宅業界では最新の省エネ機能を搭載した「新商品」が続々と発売されていますが、一番の省エネは、そういった技術にすぐ頼る前に、まずは「身近にあるエネルギー」を見直し、活用していくことではないでしょうか。
 住まいのなかで使用されているエネルギーのうち、実は暖房と給湯用に使用される量を合計した分は、半分以上を占めます。(地方によって違いはありますが)冷房はわずか数パーセント。電気は半分以下です。
そして、これらの温度レベルは暖房はせいぜい20℃、給湯は40数℃なので、実は太陽のエネルギーをうまく活用すると、かなりの部分をまかなうことが可能なのです。
例えば、単純な話、冬はたっぷりと日中の日射を室内に取入れ、そして逃がさないようにし、暖房の助けとします。
逆に夏は庇(ひさし)をうまくデザインすることで日射を遮り、積極的に風を家のなかに通すようにします。
パッシブデザインと呼ばれる方法論ですが、たったそれだけでも人が感じる快適性はずいぶん向上します。「そんな当たり前のこと?」と思われるかもしれませんが、現代の住宅ではそれすらおざなりにされているのが現状です。窓があっても風が抜けず、庇(ひさし)もないような家では、どうしてもエアコンなどの空調機器に頼らざるを得なくなってしまいます。
 まずは持続可能な自然界のエネルギーをあますことなく活用し、その上で、必要に応じて現代の適正な技術をプラスする。ビオフォルム環境デザイン室では、パッシブな手法を最大限に活用し、住む人に心地よく、自然と調和する省エネ型の住まいづくりを提案しています。

風をとおすデザイン
伝統的な日本の家が手本

photo_concept_2_2

 夏を旨とした、日本の伝統的な造り方は、とにかく風をとおすことでした。欄間や越屋根などの仕掛けはできるだけ空気がうごくことに配慮した結果です。
 風をとおし、室内の熱気と湿気を排除したのです。
 現代では、通風のために屋根の上にまた小屋根(越屋根)をつくることはなかなかコスト的にもむずかしいかもしれませんが、現代の技術として天窓のようなものを設置することはできます。
また、できるだけ風が通りやすい開口計画をすることで、室内に風が流れやすいようにします。
 ただ、開口部は逆に冬は熱が逃げて行く部分にもなりますので、開口の大きさやしつらいには配慮をする必要があります。必要なときには開けて、不要なときには断熱の仕組みをほどこす、例えば伝統的な障子のしつらいや、断熱性能をもつブラインドなどを設置することがよいでしょう。
 また、現代は防犯、という視点も残念ながら欠かせません。雨戸を設ける場合でも通風ができるものをデザインしたり、格子戸を設けるなどして、閉じていても夏場の通風を確保するような仕組みも大切です。

熱をためる
木と土がポイント

photo_concept_2_3

 太陽は昼間しか照りません。ですから、その熱を夜まで蓄えておき、夜の暖房エネルギーをセーブするのが理想的です。そのための技術として「蓄熱」ということがあります。伝統的な土壁はその効果を発揮してくれます。しかし、適度な断熱とセットにすることが必要です。
 昔ながらの土壁には吸放湿作用などの効果もあるとされていますが、蓄熱体としての性能も期待できるのです。本格的な土壁はコストもかかりますが、自然素材であり、まさに土に還る素材であり、そして、温熱環境にも寄与する、といったとても大事な素材ですので、是非、現代の家づくりのなかでも再びきちんと位置づけたいものです。
 また、土間は農的暮らしを実現したい家族のためにはとても大事な「働く」空間ですが、同時に土間の床などを蓄熱性の高い素材で仕上げて、冬の日射が充分当たるようにしておくと、そこもまた太陽が働いてくれる蓄熱空間となります。

断熱のこと
エネルギーを逃がさない

 「自然素材の木の家」というと、昔ながらの日本家屋を思い浮かべ、寒いのでは?と心配される方がいます。確かに日本の伝統的な木造家屋は様々な点で優れていますが、残念ながら「暖房」の視点はありませんでした。
 夏を旨とすべし、とは昔から日本の多湿高温の夏に対応した造り方を表現したものです。ですから、風通しはとてもよいつくりになっています。
 ですから、暖房はせずに人が熱源にちかづく「採暖」がこうした家の特徴です。
 四季を感じる感性は大切にしたいものですが、現代人が快適に生活を送り、かつエネルギーの浪費をおさえるという視点からも、現代において、軽視するわけにはいかないのが断熱性能の問題です。「高気密、高断熱」がとかく注目されがちですが、完全に密閉した空間では空気の流れが滞り、それを解決するためには換気また新しい機能が必要となってしまいます。
 私たちが考えるのは、空気の流れをいかしつつも、断熱はしてエネルギーは無駄遣いしないというバランスです。パッシブデザインと断熱をうまく組み合わせた家では、その相乗効果から、「冬温かく、夏すずしい」空間が、少ないエネルギーで実現します。(もちろん過度な断熱は却って夏は暑い室内空間をつくりますので、地域によって、そのよいバランス点を検討する必要があります。)
 また、断熱材といえば石油系のものが主流ですが、最近ではウール100%の断熱材や、針葉樹の樹皮からうまれた断熱材などが登場しました。これらは化学物質フリーでかつ燃やしても有毒ガスを発生せず、性能も劣らないこれらの自然素材の断熱材を積極的に取入れています。

住まい手の工夫と暮らし方
住まい手も働こう

photo_concept_2_52
 住まいの温熱環境を整えることや、エネルギー使用量を減らすことは、とても大事なこととなってきています。その解決方法のひとつとして、昨今はスマートハウスなど、制御技術で住環境をコントロールしよう、という流れもあります。ですが、建物がすべて自動でやってくれる、ということはいかがなものでしょう?住まいのまわりの自然や環境との応答は住まい手自身が体で感じ、住まい手自らが働く、ということも必要ではないでしょうか。窓をあけたてる、障子をしめる、風をとおす、などは住まい手が普通にできることです。季節に応じて緑のカーテンやすだれなど、家を着替えさせることもできます。
 そうすることで、住まい手自らが環境を意識し、つながりを取り戻すきっかっけとなり、ひいては現代人が失いつつある「人間力」のようなものを取り戻せるのではないか、と思います。

化石資源に依存しないバイオマスのちから
作るとき、住まうとき、そして役目を終えるとき

photo_concept_2_6

 家づくりで意外と見落としがちなのが、その建設時や廃棄時にかかるエネルギーの問題です。
 住んでいる時のエネルギーの問題は、生活に直結し光熱費などの形で見えやすいのですが、化石資源の限界がみえてきた現代においては、家づくり全体をもう少し大きな視点でとらえる必要が出てきました。
 新建材の家は、多かれ少なかれ化石資源由来でできており、多くのエネルギーをかけて製造されています。また数十年たってその役目を終えたとき、解体された材の多くはリサイクルがしづらく、産業廃棄物として埋め立てられます。現代の産業廃棄物の内約2割が、建設業関連で、また更にその内の住宅解体時にでるものが約3割といわれています。住宅解体のゴミもとても重大な問題ではないでしょうか。
 土からうまれ、土に還る本物の木の家ならば、建設や廃棄にかかるエネルギーは最小限に抑えられます。梁や柱といった構造材は、また次の家へと引き継がれ数百年と生き続けることができますし、他の材も最後は燃料などに形を変え、自然に還っていくでしょう。
 また木材は焼却時にCO2を排出しても、木としての成長時にCO2を吸収していくため、カーボンニュートラルと考えられます。
 国土の約7割を森が占める世界有数の森林大国である日本では、木が最も持続可能なバイオマスエネルギーです。作る時、住まうとき、そして役目を終えるとき。木の家は、その一生を通じて、エネルギー問題にも大きく貢献しています。

住まいの総合評価
多様な住まいのあり方から省エネを考える

photo_concept_2_7

 住まいの省エネルギー性をはかることは多様な方法があります。建物の箱としての断熱性能も大事なのですが、なにも断熱性だけに頼らなくても多様なルートでその省エネ性、低環境負荷性を評価することはできます。「木の家」には断熱だけではまだ評価しきれていない、蓄熱性や吸放湿性、輻射環境などの要素があります。また、木の家にはこれまで述べてきたように、環境に対するローインパクト面ではとても優れています。住まい方によっても省エネ性は変わってきます。暖房にするのか採暖にするのかによっても違います。
 なので、ある程度の断熱性はやはり必要と考えつつも、住まいの温熱環境は総合的な技術と価値の評価をするべきだと考えます。断熱性あるいは機械仕掛けの仕組み一辺倒で住まいが画一的になってしまうのは避けなければなりません。伝統的な木の住まいがもつ多様な環境性能を評価しながら、現代の温熱環境制御技術も加味していきたいと考えています。


事例紹介

  • 藤野/連の家4 
  • Okatteにしおぎ
  • 伊勢の家 
  • おひさま保育室 
  • カミツレの里/八寿恵荘 
  • 藤野/森の家2 
  • 里山長屋
  • 藤野 / 風の家2
  • 足立 エコアパート
  • PICA山中湖ヴィレッジ レストラン
  • ホイアン / Uカフェ

コンセプト