Ecological

木の家 / 自然素材の家づくり

土から生まれてやがてまた土に還る
住む人の健康と環境に配慮した自然の素材で住まいをつくる

木の家
住まい手と環境にやさしい木の家

 近年、自然の素材や環境に対する影響に関心が向くようになったのはよいことだと思います。が、残念ながら単に木さえ使っていれば「木の家」と称している例も少なくありません。
「木の家」はその素材をどこから調達するか、どう使うか、どう造るかなどまで含めた総合的な価値としての家づくりです。そうして風土と環境と地域とつながる家づくりを「木の家」と呼びたいのです。日本では無垢の木を組み、土を用いて家づくりをしてきた伝統があります。今の視点でみれば、それは環境にも住まい手にも負担をかけない究極のエコロジカルな住まいです。
 木の家には、長い年月をかけて積み上げてきた知恵と技があります。地域にある自然の素材と資源で、地域の職人さんと一緒につくることができます。そこに現代の知見と技術をうまく接ぎ木しながら、現代の「木の家」を育てていきたいと思います。

地域でとれる無垢の材
素材が呼吸している心地よさを、そのまま使う

photo_concept_1_2

 木の家のその大きな特徴はその素材ですが、自然素材の家と聞き、まっさきに思い浮かぶのはやはり、「木」です。
 日本の国土のおおよそ7割近くが森林(杉、檜などの人工林含めて)に覆われているのですから、その資源を活用して家をつくる、というのはとても理にかなっています。
 私たちは、表面だけ木のシールを貼付けたようなまがい物の「木のようなもの」ではなく、本物の木材に囲まれて暮らしていただきたい、と考えます。そのため国産の無垢の材、できればできるだけその住まいが建つ地域でとれる材、を使うようにしています。
 残念ながら現在の一般的な住宅市場で言われている「木の家」の多くは、海外産の木材や、スライスした木を接着剤ではりあわせた集成材(合板)を使ったものです。遠く海外から運ばれてくる外材に使われている防腐剤などや、集成材の接着剤などの化学物質の不安は、本物の自然素材の家にはあまりふさわしくないと考えています。また、日本の気候風土にもあわないのではないでしょうか。(集成材はそれはそれでその役割があるので、それに適したつくり方の建築があります。)
 無垢の木には、調湿作用もあるという利点があります。高温多湿の日本の気候では、湿度と上手くつきあうことは大切な知恵です。無垢の木の家に一歩足を踏み入れると、まるで家全体が呼吸しているような心地よさに包まれるのを体感できます。
 新建材に慣れてしまった現代の感覚では、無垢の木は傷がつきやすかったり、割れが入ったりと一見デメリットと感じられる面がありますが、お住まいになる方の健康や環境へ影響を考えると、それを補ってもあまりまる利点があります。
 例えば、無垢の床は、足へのあたりも優しく疲れにくい。合板のフローリングなどに比べて熱伝導率が低いため、ひんやりしにくいという特性もあります。

土壁、漆喰、自然素材系塗料
安心して深呼吸できる、空気のこと

photo_concept_1_3

 大量生産になってしまった現代の家づくりでは、工事とコストを「合理化」するために、壁などの内装の多くにビニールクロスなどの「新建材」が当たり前のように使われています。安価で施工しやすい反面、可塑剤や防虫剤などのVOC類(揮発性有機化合物)の有害性も指摘され、シックハウス症候群や化学物質過敏症などを引き起こすリスクがあるのです。現在、新築の家では「24時間換気」の装置を設置することが義務づけられていますが、そもそも強制的に換気をしなければ安全に暮らせないような、現在の家作りに問題の本質があるのではないでしょうか。
 そのような新建材を極力使用せず、安全性が確認された自然素材を積極的に使用することが必要です。壁は調湿作用にも優れた伝統的な土壁や漆喰、塗装には100%天然素材の塗料、床材や柱には無垢材の特性を妨げない植物性のオイルを使います。最近は自然系塗料もさまざまなバリエーションがあり、色や質感など、デザイン性とも両立できます。
 また、安全性の高い自然素材系の塗料は、素人でも扱いやすいため、住まい手自身がメンテナンスできるというメリットもあります。クロスなどの新建材は、新築時はきれいですが、後は薄汚れていく一方です。本物の自然素材の家は、古びても時間とともに味わいが増していきます。

循環系の材料
自然の大きなサイクルのなかで素材をいかす

photo_concept_1_4

 地域で採れる自然の無垢の素材を使って建てられた家は、たとえその家が壊されることになっても、容易にリサイクル、リユースすることができます。かつての民家は何度も同じ構造の材料で建替えられ、さらに板材として、あるいは燃料として活用され、最後はまた大地に戻っていく、という大きなサイクルのなかで、活用されていました。
 住まいはそれが建つ場所の環境との応答のなかで成立しています。住まいもまた生態系の一部なのです。

事例紹介

  • IMG_7493eye
    伊勢の家 new
  • DSCN1202eye
    赤羽の家 new
  • 0608-042ai
    カミツレの里/八寿恵荘 new
  • 0402f-198 eye
    藤野/森の家2 new
  • ren_3_eyecatch
    藤野 / 連の家3
  • nagaya_eyecatch
    里山長屋
  • futamatagawa_eyecatch
    二俣川の家
  • jindaiji_eyecatch
    深大寺の家
  • ren_1_eyecatch
    藤野 / 連の家1
  • kobayashi_eyecatch
    小林の家
  • yatsugatake_eyecatch
    八ヶ岳山麓の家
  • iruka_daycare_eyecatch
    いるかビレッジ / デイケアサービス棟

コンセプト