竣工見学会のご案内 その2    藤野「連の家4」

■見学会日時:2015年12月12日(土)10:00〜16:00

里山の風景が豊かに広がる、藤野の地に2013年から4軒の住宅が連なる住宅地のプロジェクトを始めました。
その最後の4棟目がこの12月にいよいよ竣工します。
このたびは住まい手のご家族のご厚意により、竣工見学会を開催させていただくことになりました。
この4軒は、里山の風景にあい、かつ農的な暮らしも可能な場として、小さいながらも集落感のある風景としたい、というコンセプトのもと、その趣旨に賛同する方々に順次お住まいをつくっていただきました。
全て、地元の木でつくり、自然素材が主体の地産地消の家づくりです。
全体的に低層の屋根とし、かつ外装のデザインも統一感がもてるように配慮しました。
全体の風情をそろえることで、風景としても価値をもつ良質な居住環境づくりを目指したプロジェクトです。

今回ご見学いただくお住まいは、木組みの構造、自然素材の内外装でしつらえてあります。また、庭で菜園を営むことにあわせて、土間の配置や台所との関係性に配慮した空間構成になっています。
是非、地元の山の杉、桧を使った木組みの空間と、漆喰や杉板でできた空気感の心地よさを体感していただければ、と思います。
外装には焼き杉板を採用し、防虫効果、防腐効果を期待するとともに、自然の風景にもなじむ風情となっています。
温熱環境やエネルギーにも配慮をし、太陽のエネルギーをたっぷり暖房に活用する、「そよ風」システムの導入や、パッシブデザインを意識したつくりにしました。また、薪ストーブを採用し、エネルギーも地元の山の資源を活用する地産地消を目指しています。これによって化石エネルギーにあまり頼らない暖房を実現しています。

是非、住まいとそれを含む4軒の集落感のある風景まで含めて、ご高覧いただければ、と思います。

(申し訳ありませんが、小学生以下の方のご見学は今回はご遠慮いただいております。ご理解をいただければ幸いです。)

お問い合わせは  info@biofor.jp  まで

規模/構造:木造2階建て(屋根内にロフト風に2階の部屋)
延床面積36坪強
設計  :一級建築士事務所ビオフォルム環境デザイン室

151019模型写真 IMG_5934 IMG_5833


竣工見学会のご案内 その1    CLTをつかった「伊勢の家」

三重県/伊勢にて進めて参りました、CLT(Cross Laminated Timber 直交集成板)を活用した住宅「伊勢の家」の竣工見学会を開催いたします。
日時:2015年12月5日(土)
CLTはこれからの木造建築物にとって可能性のある素材として注目されています。住宅という比較的小規模の建築に応用できるような設計、施工方法を工夫し、そのモデルになるようなものとなりました。 住宅建築では本格的にCLTを使用したものとしては、日本初の住宅建築となります。
構造は、在来軸組構法の軸組にCLTを仕上兼用のパネル材として落とし込むハイブリッドなつくりになっています。
見学会の委細はまたご案内をいたします。
ご興味のある方は、当方のメールアドレス info@bioform.jp までご連絡ください。
IMG_1199

DSCN4934


葉山の保育園 竣工見学会のお知らせ

葉山で工事をすすめてきました保育園の現場が竣工をむかえます。

この週末の土曜日に、オーナーさんのご厚意により、お披露目&竣工見学会を催すことになりました。見学ご希望の方は、以下のご案内にご連絡をお願いします。

この「おひさま保育室」は子供達がのびのびと時間を過ごせるように、できるだけ無垢の木と自然素材の空間を実現することにしました。
本物の木が持つ温もりや柔らかさを子供達にも感じてもらえるように、建物の真ん中には枝付きの杉の丸太柱がどーんと立っています。保育室のオーナーさんや父兄の方々と多摩の山まで行って、選んで来たものです。
エネルギーもできるだけ自然の恵みを、ということで太陽熱による給湯や、ペレットを使用したストーブ、床暖房を実現しています。
雨水を利用する仕組みやこれから菜園の整備も計画しています。

どうぞお楽しみに。

見学会日時:6月27日(土) 10:00〜16:00
参加申込 :info☆bioform.jp (☆を@に変えてください)までお名前や参加人数を添えて、参加希望の旨ご連絡ください。現地の場所などお知らせします。
その他問合せ:ビオフォルム環境デザイン室 担当 鈴木
連絡先電話番号 042−572−1007

IMG_0944 IMG_0942IMG_0936


べトナム/ホイアン(世界遺産)への エコツアーのご案内

ビオフォルム環境デザイン室では、パーマカルチャー的な考え方に基づき、総合的な住まいの環境設計、を目指しています。その中で、物質循環の仕組みにも取り組んでいます。

人間のおとしものを堆肥化するコンポストトイレもそうした技術のひとつです。べトナム/ホイアンのUcafe設計を通じて、現地とご縁ができた関係で、現地でコンポストトイレを設置する計画をしています。

その流れで、昨年の秋、企画しましたべトナム/ホイアンツアーはおかげさまで好評をいただきました。世界遺産でもあるホイアンとその周辺の環境、人々の暮らしを体感でき、とても充実したツアーになったと思います。
で、昨年のツアーではコンポストトイレを設置することは出来なかったのですが、今年も第二弾を企画しました。今回は、いよいよ現地の野菜畑でのコンポストトイレ設置ワークショップを予定しています。発展めざましいべトナム、その一方でまだまだ素朴な人間らしい暮らしの風景が広がっています。その影で環境へのインパクトも段々厳しくなってきています。そんな状況を垣間みながらのエコツアーとなります。
当方が設計のお手伝いをした環境に配慮したカフェ、「Ucafe」も訪問します。
どうぞ御興味ある方、以下のワイルドナビゲーションのサイトをご覧ください。(写真は昨年のツアーの様子)

http://www.wild-navi.co.jp/tour/vietnam_ecoretreat03/

DSCN9644RIMG0015RIMG0026DSCN9729DSCN9760


西荻窪プロジェクト「okatteにしおぎ」 説明会

 改装工事を進めて参りました、西荻窪プロジェクト いよいよ工事が大詰めです。ここは食をテーマとして、コモンスペースをしつらえ、まちと「つながる」ことを目指した場です。メンバー募集のための説明会を開催します。以下ご案内です。

********\説明会です/********
西荻窪プロジェクト改め、【okatteにしおぎ】は、“食”を中心にした、 まちのパブリックコモンスペースです。
風と緑、光にあふれた空間。みんなで使えるキッチンがあります。ごはんをつくる、つくってもらう、仲間とあそぶ、まちの人とあそぶ、使い方はさまざまです。メンバーどうしでシェアしつつ、まちに開かれたオープンな場所。みんなの“okatte”が、できました。

4月からのオープンに向け、鋭意工事進行中。「未完成のokatte」をみることのできる最後のチャンスでもあります。ご興味ある方はぜひどうぞ。

https://www.facebook.com/events/561155237360233/

11012544_616976285099372_5447414820554042838_n

 


藤野「森の家2」 竣工見学会のご案内

昨年より工事を進めて参りました、藤野の「森の家2」が竣工をむかえることとなりました。今回お住まいになるご家族のご厚意により、竣工見学会を開催させていただくことになりました。
地元の木材と職人さんとでつくる、地産地消のお住まいです。
木と自然の素材でできたあたたかみのある空間を是非体感していただければ、と思います。
環境に配慮し、かつ自立できる暮らしをめざしたい。今回のお住まいの特徴は、そうしたことを実現する様々な仕掛けが用意されていることです。

まず、基本的な建物の性能として、
・南側開口部に配慮したパッシブソーラーデザイン
・しっかりとした断熱性能
とで、寒さが厳しい藤野の冬でも暖かく過ごせる仕様にしています。
それに加えて、
・太陽熱の暖房利用+太陽電池の複合システム(「そよルーフ」※)
・太陽熱温水器
・独立型太陽電池(藤野電力により設置)
・雨水利用(菜園への散水)
・地域の木質資源を活用する薪ストーブ
・昼光利用のスカイライトダクト
などです。
災害時などには、こうした自立型の仕組みはとても役にたちます。
加えて、お住まい後は庭には果樹系のものを中心に植え、「食べられる庭」を目指します。家の北側には雑木林がひかえ、北風から家を守ってくれる防風の効果が期待できます。
このようにこのお住まいは、自然と手を結び、環境とつながる、生かす工夫をできるだけ取入れています。

(※「そよルーフ」:環境創機株式会社が提供する太陽熱集熱システム「そよ風」と太陽電池を組み合わせた、熱と電気を同時供給できる、新しいハイブリット型システム。)

また、今回のお住まいの竣工により、近傍にビオフォルム環境デザイン室で設計させていただいた住宅が3棟並ぶことになります。はからずも集落感がでてきました。いずれも環境に配慮した暮らしを指向するご家族の方々ですので、ちょっとしたミニエコビレッジのような様相を呈してきています。当日はぐるりとそれらの建物をまわるミニツアーも予定しています。

ご興味のある方、是非ご参加くださいませ。お待ちしています。

■見学会概要
・日時:2015年3月28日(土) 10:00〜16:00
・場所:相模原市緑区名倉(旧藤野地区) JR中央本線「藤野駅」下車
・交通:藤野駅より山梨富士急バス、もしくは車 駅前からタクシーも利用可能
徒歩だと35-40分(気持ちのよい山道なのでハイキング代わりにおすすめです。)
・説明:11時〜、14時〜の二回、設計者であるビオフォルム環境デザイン室の山田より説明をさしあげます。(20-30分程度)
・ミニツアー:上記説明のあと、本建物の隣に建つ「森の家」と「里山長屋」をぐるりとご案内し、外観をご覧いただき、
説明をさしあげます。(20-30分程度)
・お問合せ: 参加ご希望の方は、氏名、人数、来訪予定時間等を3月26日(木)までに下記までご連絡下さい。
おって、詳細な案内図等をお知らせ致します。(バス停、時刻表、当日連絡先など)
(※お車の場合、近くに数台分の駐車場があります。)

◇一級建築士事務所 ビオフォルム環境デサイン室
TEL/FAX 042-572-1007
E-mail suzuki@bioform.jp  担当:鈴木  もしくは tyamada@bioform.jp(山田)まで
・ご注意いただく点:現場では、内装にお手を触れないようご注意下さい。
(手袋、スリッパ等をご用意します。)喫煙等はご遠慮願います。
ご協力のほどどうぞよろしくお願い致します。

■建物概要
・木造2階建て 延床面積約118㎡(約35.6坪)
・施工:創和建設
・設計:一級建築士事務所 ビオフォルム環境デザイン室

DSCN1849 森に囲まれた住まいDSCN1853 外壁左官も終わり、あとは内装工事を急ピッチで

相模湖プロジェクト「manaharree(マナハレ)」壁の土塗りワークショップ

相模湖を見下ろす斜面の中腹に、古い納屋を改装し、住宅にリノベーションする プロジェクトが進行しています。 住まい手も施工に参加し、大工さんと一緒につくっています。 今回、内装の壁に土を塗る体験ワークショップを行うことになりました。

1 本 1 本丁寧に内壁に打ち付けた木ズリ(こちらも住まい手自ら施工)に土を塗っていく作業 を行います。ご指導は左官職人の勝又久治氏をお迎えして行います。 ご興味のある方はこの機会に是非ご参加下さい。

・開催日時: 3 月 21、22 日(土、日) いずれも9 時 40 分頃集合  17 時頃終了予定

・集合場所:相模湖駅前(相模湖駅から車にて現場へ移動します)  ※現場駐車場あり

・参加者:25 名程度(先着順)・参加費:1000 円(ボランティア保険料、昼食・お茶込み) 小学生以下500円(同上込)

・講師:左官職人 勝又久治氏・持ち物:汚れてもいい格好、軍手、タオル、飲み物等・講師:左官職人 勝又久治氏

・参加申込み:参加希望日(いずれか 1 日のみの参加も可)、参加者名、移動手段(車 or 電車)、電話番号、当日連絡が取れるメールアドレスか電話番号(お持ちで あれば)、を下記問い合わせ先にメール又は電話にてお申し込み下さい。 詳細は申し込みの際に追ってご連絡致します。

・お問い合わせ先:ビオフォルム環境デザイン室  板場 (いたば)TEL:042-572-1007  e-mail: itaba@bioform.jp※2回目(中塗)ワークショップは 4 月 11、12 日を予定しております。

DSCN1244 古い納屋が着々と蘇り中DSCN1250この木ズリに土を塗っていきます。


2015/3月21日〜 相模湖/土塗りワークショップ 事前ご案内

相模湖を見下ろす斜面の中腹に、古い納屋を改装し、住宅にリノベーションする現場が進行中です。
この建物の壁に土を塗るワークショップを計画をしています。
日程は3月21日(土)、22日(日)と28日(土)、29日(日)を予定しています。
ワークショップの詳細はまたご案内します。
まずはプレリリースです。ご興味ある方、引き続きご注視ください。

DSCN0880

 


たまな食堂の改修

南青山にある、発酵食と有機野菜のオーガニックレストラン「たまな食堂/NATURAL FOOD STUDIO」。

醤油麹などにいち早く注目し、いま話題のお店ですが、
ビオフォルムでは、3年前にこちらの内装設計を担当させて頂いたご縁があります。

当時はマクロビオティックカフェでしたが、その後、「たまな食堂」としてリニューアル。

あっという間に人気店となったのですが、今回お客様の増加に伴い、座席の拡張計画のご相談を頂き
無垢のテーブルを5台、納品させて頂きました。

設計させて頂いた物件のその後というのは、こちら側としては気になるものですが
こんな風に繁盛されて、またお声がけ頂けるのは、とても嬉しいものです。

そういえば先日もレシピ本の出版記念パーティにお誘い頂き、代表山田が素晴らしい食事を堪能したそうです。

私は今回営業時間外の納品だったため食事は出来なかったのですが、また改めて伺おうと思います。

みなさんもぜひ足をお運びください。

                         (担当 布施)


タモの無垢材を使用したバタフライテーブル。
素材を吟味した上質な食事を受けとめるため、しっかりとした厚みと素材感を重視しました。
普段は通常の2人席として利用し、パーティーやイベント時など必要に応じてテーブルを広げる事ができます。

たまな食堂ホームページ
10:00-15:30(L.O14:30)
18:00-22:30(L.O22:00)

東京都港区南青山3-8-27
TEL : 03-5775-3673
FAX : 03-5775-3674
MAIL : info@tamana-shokudo.jp


「ソトコト」4月号にインタビューが掲載されました

3月5日発売の雑誌「ソトコト」に、代表山田のインタビューが掲載されました。

テーマは、「エコハウス」。

最新竣工事例「森のいえ」を例にあげながら、最先端の技術に頼るだけのエコハウスではなく、
建築的な工夫に加え、暮らす人の人間力も大切にした「地産地消の家作り」についてお話をさせて頂きました。

よろしかったら是非お手にとってご覧ください。