藤野「森の家2」 竣工見学会のご案内

昨年より工事を進めて参りました、藤野の「森の家2」が竣工をむかえることとなりました。今回お住まいになるご家族のご厚意により、竣工見学会を開催させていただくことになりました。
地元の木材と職人さんとでつくる、地産地消のお住まいです。
木と自然の素材でできたあたたかみのある空間を是非体感していただければ、と思います。
環境に配慮し、かつ自立できる暮らしをめざしたい。今回のお住まいの特徴は、そうしたことを実現する様々な仕掛けが用意されていることです。

まず、基本的な建物の性能として、
・南側開口部に配慮したパッシブソーラーデザイン
・しっかりとした断熱性能
とで、寒さが厳しい藤野の冬でも暖かく過ごせる仕様にしています。
それに加えて、
・太陽熱の暖房利用+太陽電池の複合システム(「そよルーフ」※)
・太陽熱温水器
・独立型太陽電池(藤野電力により設置)
・雨水利用(菜園への散水)
・地域の木質資源を活用する薪ストーブ
・昼光利用のスカイライトダクト
などです。
災害時などには、こうした自立型の仕組みはとても役にたちます。
加えて、お住まい後は庭には果樹系のものを中心に植え、「食べられる庭」を目指します。家の北側には雑木林がひかえ、北風から家を守ってくれる防風の効果が期待できます。
このようにこのお住まいは、自然と手を結び、環境とつながる、生かす工夫をできるだけ取入れています。

(※「そよルーフ」:環境創機株式会社が提供する太陽熱集熱システム「そよ風」と太陽電池を組み合わせた、熱と電気を同時供給できる、新しいハイブリット型システム。)

また、今回のお住まいの竣工により、近傍にビオフォルム環境デザイン室で設計させていただいた住宅が3棟並ぶことになります。はからずも集落感がでてきました。いずれも環境に配慮した暮らしを指向するご家族の方々ですので、ちょっとしたミニエコビレッジのような様相を呈してきています。当日はぐるりとそれらの建物をまわるミニツアーも予定しています。

ご興味のある方、是非ご参加くださいませ。お待ちしています。

■見学会概要
・日時:2015年3月28日(土) 10:00〜16:00
・場所:相模原市緑区名倉(旧藤野地区) JR中央本線「藤野駅」下車
・交通:藤野駅より山梨富士急バス、もしくは車 駅前からタクシーも利用可能
徒歩だと35-40分(気持ちのよい山道なのでハイキング代わりにおすすめです。)
・説明:11時〜、14時〜の二回、設計者であるビオフォルム環境デザイン室の山田より説明をさしあげます。(20-30分程度)
・ミニツアー:上記説明のあと、本建物の隣に建つ「森の家」と「里山長屋」をぐるりとご案内し、外観をご覧いただき、
説明をさしあげます。(20-30分程度)
・お問合せ: 参加ご希望の方は、氏名、人数、来訪予定時間等を3月26日(木)までに下記までご連絡下さい。
おって、詳細な案内図等をお知らせ致します。(バス停、時刻表、当日連絡先など)
(※お車の場合、近くに数台分の駐車場があります。)

◇一級建築士事務所 ビオフォルム環境デサイン室
TEL/FAX 042-572-1007
E-mail suzuki@bioform.jp  担当:鈴木  もしくは tyamada@bioform.jp(山田)まで
・ご注意いただく点:現場では、内装にお手を触れないようご注意下さい。
(手袋、スリッパ等をご用意します。)喫煙等はご遠慮願います。
ご協力のほどどうぞよろしくお願い致します。

■建物概要
・木造2階建て 延床面積約118㎡(約35.6坪)
・施工:創和建設
・設計:一級建築士事務所 ビオフォルム環境デザイン室

DSCN1849 森に囲まれた住まいDSCN1853 外壁左官も終わり、あとは内装工事を急ピッチで

相模湖プロジェクト「manaharree(マナハレ)」壁の土塗りワークショップ

相模湖を見下ろす斜面の中腹に、古い納屋を改装し、住宅にリノベーションする プロジェクトが進行しています。 住まい手も施工に参加し、大工さんと一緒につくっています。 今回、内装の壁に土を塗る体験ワークショップを行うことになりました。

1 本 1 本丁寧に内壁に打ち付けた木ズリ(こちらも住まい手自ら施工)に土を塗っていく作業 を行います。ご指導は左官職人の勝又久治氏をお迎えして行います。 ご興味のある方はこの機会に是非ご参加下さい。

・開催日時: 3 月 21、22 日(土、日) いずれも9 時 40 分頃集合  17 時頃終了予定

・集合場所:相模湖駅前(相模湖駅から車にて現場へ移動します)  ※現場駐車場あり

・参加者:25 名程度(先着順)・参加費:1000 円(ボランティア保険料、昼食・お茶込み) 小学生以下500円(同上込)

・講師:左官職人 勝又久治氏・持ち物:汚れてもいい格好、軍手、タオル、飲み物等・講師:左官職人 勝又久治氏

・参加申込み:参加希望日(いずれか 1 日のみの参加も可)、参加者名、移動手段(車 or 電車)、電話番号、当日連絡が取れるメールアドレスか電話番号(お持ちで あれば)、を下記問い合わせ先にメール又は電話にてお申し込み下さい。 詳細は申し込みの際に追ってご連絡致します。

・お問い合わせ先:ビオフォルム環境デザイン室  板場 (いたば)TEL:042-572-1007  e-mail: itaba@bioform.jp※2回目(中塗)ワークショップは 4 月 11、12 日を予定しております。

DSCN1244 古い納屋が着々と蘇り中DSCN1250この木ズリに土を塗っていきます。

2015/3月21日〜 相模湖/土塗りワークショップ 事前ご案内

相模湖を見下ろす斜面の中腹に、古い納屋を改装し、住宅にリノベーションする現場が進行中です。
この建物の壁に土を塗るワークショップを計画をしています。
日程は3月21日(土)、22日(日)と28日(土)、29日(日)を予定しています。
ワークショップの詳細はまたご案内します。
まずはプレリリースです。ご興味ある方、引き続きご注視ください。

DSCN0880

 

たまな食堂の改修

南青山にある、発酵食と有機野菜のオーガニックレストラン「たまな食堂/NATURAL FOOD STUDIO」。

醤油麹などにいち早く注目し、いま話題のお店ですが、
ビオフォルムでは、3年前にこちらの内装設計を担当させて頂いたご縁があります。

当時はマクロビオティックカフェでしたが、その後、「たまな食堂」としてリニューアル。

あっという間に人気店となったのですが、今回お客様の増加に伴い、座席の拡張計画のご相談を頂き
無垢のテーブルを5台、納品させて頂きました。

設計させて頂いた物件のその後というのは、こちら側としては気になるものですが
こんな風に繁盛されて、またお声がけ頂けるのは、とても嬉しいものです。

そういえば先日もレシピ本の出版記念パーティにお誘い頂き、代表山田が素晴らしい食事を堪能したそうです。

私は今回営業時間外の納品だったため食事は出来なかったのですが、また改めて伺おうと思います。

みなさんもぜひ足をお運びください。

                         (担当 布施)


タモの無垢材を使用したバタフライテーブル。
素材を吟味した上質な食事を受けとめるため、しっかりとした厚みと素材感を重視しました。
普段は通常の2人席として利用し、パーティーやイベント時など必要に応じてテーブルを広げる事ができます。

たまな食堂ホームページ
10:00-15:30(L.O14:30)
18:00-22:30(L.O22:00)

東京都港区南青山3-8-27
TEL : 03-5775-3673
FAX : 03-5775-3674
MAIL : info@tamana-shokudo.jp

「ソトコト」4月号にインタビューが掲載されました

3月5日発売の雑誌「ソトコト」に、代表山田のインタビューが掲載されました。

テーマは、「エコハウス」。

最新竣工事例「森のいえ」を例にあげながら、最先端の技術に頼るだけのエコハウスではなく、
建築的な工夫に加え、暮らす人の人間力も大切にした「地産地消の家作り」についてお話をさせて頂きました。

よろしかったら是非お手にとってご覧ください。

BSフジ「夢の食卓」で里山長屋が紹介されました

ビオフォルムで設計を担当させて頂き、代表山田の住まいでもある「里山長屋」の暮らしがテレビで紹介されました。

インターネットでも無料配信されておりますので、パソコンでもご覧頂けます。

詳しくはコチラ

BSフジ Table of Dreams 〜夢の食卓〜
3/9(土)放映 22時30分〜23時00分
3/16(土)再放送 9時30分〜10時00分


画像は番組ホームページより

森のいえ 完成しました

先月完成した「森のいえ」。

写真家の砺波周平さんに撮影をお願いした竣工写真が届きました。

大雪直後の撮影で心配しましたが、仕上がりを見て感激。

雪景色が建築を見事に引き立て、風景に溶け込む美しい佇まいになっていました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::


無垢材をふんだんに使用したリビング。
広々としたウッドデッキのテラスからは、森を一望できます。


スキップフロアの空間を効率よく暖めるため、薪ストーブを中央に配置。
太陽光集熱システム「そよ風」との相乗効果で、部屋全体をじんわりと暖めます。


お仕事関係の来客が多いため、玄関から直接応接室へ通す入口と、家族用の入口を用意。小さなお子さまがいてもプライバシーが保たれ安心です。


リビングに目が届き、会話を楽しみながら料理ができるカウンターキッチン。
散らかりがちな手元は隠れているので、急な来客時にも安心。
オーダーメイドの木のキッチンは、地元の家具作家さんにお願いしたもの。


ひのきと十和田石の浴室。開放感の中、ゆっくりと疲れを癒します。


ぬくもりを感じる家具の多くは、敷地に生えていたナラの材を使用し、地元の家具作家さんにオーダーしたもの。建設時に伐採した資源を有効に使うという意味だけでなく、その土地の記憶をいかすことにもつながります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

すでにお引越を済ませ、「森のいえ」での新しい暮らしをスタートさせているオーナーのE様ご一家。

ビオフォルム代表山田の住まう「里山長屋」のすぐ隣の敷地ということもあり、お子さまがお友達と一緒に庭を楽しく駆け回る姿や、ご主人が薪仕事に精を出す日々のご様子なども伺え、これから隣人としてのおつきあいもますます深まりそうです。

四季折々の自然を味わい、エコロジカルで豊かな暮らしを楽しむご様子を、またレポートさせて頂ければと思います。

3/2(土)オーガニックカレッジ@札幌で講演

「北海道エコロジー住宅学校」が主催する、第4回「自然派生活 オーガニックカレッジ」にて
代表山田がお話をさせて頂きました。

テーマは「オーガニックな家づくり」。
畑がついてるエコアパートや里山長屋、エコヴィレッジやパーマカルチャーについて、
友人でもあるビオプラスの西條正幸さんと対談させて頂きました。
授業の他にも、オーガニックの美味しい出店や、家づくりについての交流タイムなど盛りだくさん。
とても寒い日でしたが、会場は参加者の熱気が満ち、大盛況でした。

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

webラジオに、里山長屋が紹介されました

未来を創るニッポンの現場を紹介するwebラジオ「EARTH RADIO」

それに連動するマガジンハウスのウェブマガジン「コロカル」に、「神奈川県藤野」が特集!

里山長屋暮らしもその中の一例として紹介されています。

インタビュアーの谷崎テトラさんは存じ上げていたこともあり、すっかりリラックスした中での収録となりました。

webラジオでは、代表山田をはじめ、住人の生の声が聴けます。

持続可能な暮らしを目指すコミュニティとして、藤野エリアがますます注目されているようです。

12/22(土)森のいえ 完成見学会のお知らせ

ビオフォルム環境デザイン室が設計させて頂いている「森のいえ」が、いよいよ竣工を迎えます。
地元の津久井産の木材を活用した「地産地消」の家づくりです。
この度は建て主様のご厚意により、下記日程にて完成見学会を開催させて頂くことになりました。
当日は、藤野電力や代表山田によるミニセミナーもありますので、
自然素材の家づくりにご興味 をお持ちの方、藤野への移住をお考えの方は
この機会に是非ご高覧ください。
場所は、同じくビオフォルム環境デザイン室で担当した「里山長屋」のすぐ隣です。

・・・・・・・・・・<森のいえ 完成見学会>・・・・・・・・・・

日時: 2012 年 12 月 22 日(土)10:00~16:00
13:00~13:30 藤野電力のお話 (藤野電力 鈴木俊太郎氏)
13:30~14:00「住まいづくり」のお話 (ビオフォルム環境デザイン室代表 山田貴宏)

場所: 神奈川県相模原市緑区名倉「森のいえ」 (交通:JR 中央線藤野駅よりバス 10 分、下車後徒歩 5 分)

お問い合わせ:参加ご希望の方は、氏名、人数、交通手段、到着予定時間を下記までご連絡ください。
追って、詳細な案内図等をお知らせ致します。(駐車場、バス停、当日連絡先など)
参加は無料です。

申込締め切り: 12/20(木)

見学会での注意事項:
現場では、内装にお手を触れないようご注意下さい。
また、喫煙・飲食はご遠慮願います。
お子様連れのお客様は、周囲へのご配慮をお願いします。
ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

一級建築士事務所 ビオフォルム環境デザイン室
〒185-0034 東京都国分寺市光町 2-1-25-1F
TEL/FAX 042-572-1007
E-mail suzuki@bioform.jp 担当:鈴木

※画像は工事中の様子です。