ビオフォルム日記

2016年2月20日

久我山の家 材料検査

今日は、これから着工する「久我山の家」の構造材の材料検査でした。日の出にある「浜中材木店」に住まい手の方と一緒に赴き、構造材のうち、居間まわりにみえる桧の梁材や地棟になる杉の梁などを検査しました。とてもきれいな材が用意されていました。
これから、大工さんの墨付け、刻みを経て、5月頃上棟となります。大変楽しみです。
DSCN6507
居間回りに使われる桧の梁。丸太を開き、二本の梁に。いわゆる芯去り材です。

DSCN6512
屋根の野地板、床に使われる杉の厚板。

DSCN6517
こんな家になります。木軸模型。