ビオフォルム日記

2015年2月28日

草屋根をつくる

今日は、西荻窪プロジェクト『Okatteにしおぎ』にて「草屋根」をつくるワークショップを行いました。まちに開かれた「食」をテーマにした住環境をつくるプロジェクトです。
新築部分の屋根に芝とハーブを植え、食べられる屋根にします。今日は建築士から庭師になりました。
草屋根は屋根の照り返しを防いだり、夏の遮熱効果など多様な役割を果たしてくれます。建築によって人工物で土地を覆ってしまった部分を屋根に復元する、という意味もあるかもしれませんね。 今回は「アクアソイル」という軽量土壌を袋詰めして、それを防水した屋根面に敷き詰め、そこに直に芝を貼っていきます。この材料は保水性能がよいため、植物が定着しやすいのだそうです。 所々に枠を設置して、腐葉土などをしきつめて、そこをハーブガーデンとしました。基盤土壌の袋詰めはまるでソーセージづくりと一緒。芝は定着をしっかりとさせるために、目地部には目地土をきちんとつめていきます。地味な作業ですが大事なプロセスのようです。夕刻、夕陽をあびて素敵な草屋根が完成しました。これから春になるにつれて、碧々とした屋根になるでしょう。

DSCN1679 DSCN1691 DSCN1724
FRP防水屋根を草屋根へ       講師の矢田さんからハーブの説明
DSCN1715 DSCN1734
土壌材を敷き詰める                枠をセットして
DSCN1739 DSCN1745
芝を敷いていきます
DSCN1757 DSCN1764            ハーブを植えていきます カモミール、いちご、チャイブ、ラベンダーなどなど
DSCN1768 DSCN1785               なかなか素敵な芝&ハーブガーデンが完成 たっぷり給水
2015年2月22日

赤羽の家が竣工しました

昨年から設計と工事をすすめていた赤羽の家がようやく竣工しました。 都会のいわゆる狭小地にたつ、床面積30坪強の1階RC+2階3階木造の三層構造の家です。1階の半分を駐車スペースとしました。 当方が設計させていただく住まいらしく、木構造をあらわしにできないか、といわゆる「燃えしろ設計」にて木構造を太くして、一部を室内にあらわしにしました。

狭小地故、屋根まで敷地目一杯で思うように十分庇類を出すことができません。一部窓には外ブラインドを設置して、目隠しと日射遮蔽および通風確保のしかけとしました。

近々に「実例集」のページでもご紹介たいと思います。

DSCN1186  DSCN1171

2015年2月19日

住宅建築の温熱環境をあらためて考える

住宅の温熱環境の考え方について、基本にもどってあらためて整理をしています。
学生時代に読んだ30年近くも前の本ですが、必要なことはすべて書かれていることに驚いています。考え方の真髄はいつの時代にも普遍なものがありますね。あとは現代の技術をどうコンセプトの上にデザインしていくか、ということが大事なのだと思います。

DSCN1327

2015年2月13日

カミツレの里/八寿恵荘 改装工事進行中

長野/池田町の「カミツレの里/八寿恵荘」の改装工事が着々と進行中です。
ここは、カモミールを軸に自然素材、地産地消、環境配慮というテーマで健康と癒しの場をつくろうとしています。
地元の赤松を内装材に、また同じくチップにしたものをチップボイラーにて使用して暖房とカミツレ風呂の給湯に使用します。
すでに、オーストリア製のボイラーも設置されました。
また敷地に生えていた60年生の杉は次の役割をはたすべく、現在森林組合の土場で待機中です。どんな活用の仕方があるのか、これからじっくり考えます。
5月オープンを目指しています、乞うご期待です。

DSCN1303

DSCN1310

DSCN1304 DSCN1320