ビオフォルム日記

2012年8月21日

PICA山中湖でパーマカルチャーを体感

週末に、久しぶりにPICA山中湖ヴィレッジを訪れました。
ここはビオフォルムが5年前に設計を担当させて頂いた場所です。
今回はパーマカルチャー塾の授業の一環で
「エコロジカルな建築について」ということで代表山田が生徒の方々に解説をしました。
こちらでは

・近隣の山からとれたカラマツやヒノキの無垢材を使用し、壁は漆喰仕上げ
・光や風を活用したパッシブなデザイン手法
・太陽光集熱システムや、木質資源を活用したペレットストーブの導入
・排水を微生物や植物の力で浄化するバイオジオフィルターなどを取り入れたパーマカルチャーガーデン

などなど、様々なアイデアが実現されています。
利益を最優先する観光地の商業施設で、このような環境配慮型の施設はまだまだ少ないのが現状です。
本物の木を使うことの大切さ、パッシブなデザインの心地よさなどが
五感で自然と感じられる空間になっていると思います。

この日も開放感たっぷりのカフェレストランには、山中湖からのひんやりとした風が流れ込み
都内の猛暑とは別世界の極楽ぶり・・・。
美味しいジンジャーエールを飲みながら、すっかりくつろいでしまいました。

ビオフォルムの仕事は個人宅が多いので、事例を直接ご覧頂くことが難しいのですが
カフェやレストランだと気軽にご案内もでき、その後の様子も拝見できるので、色々と勉強になります。
店内やガーデンにはコンセプトや機能を分かりやすく説明したパネルもありますので
ご興味のある方はぜひ一度、足をお運びくださいね。
(スタッフ 山田)
■2007年度山梨県建築文化賞奨励賞受賞
ハイシーズンの夏は開口部や天窓を全開にし風を通す。
あまりの涼しさに、「エアコンが入っているかと思った」という声もあがるほど。


バーベキュー&ビールが楽しめる「FUJIYAMA GARDEN」もこの季節は最高ですね。

くつろぎすぎて、肝心な外観の写真を取り忘れてしまいました(汗)
詳しくはこちらをご覧ください↓
PICA山中湖ヴィレッジ