ビオフォルム日記

2013年3月12日

べトナム環境プロジェクト出張レポート

代表山田です。

3月の上旬にべトナムへ出張に行ってきました。

今回の目的は、世界遺産の街でホイアンで2011年に完成したオーガニックカフェの環境計測と、
チャム島というエコアイランドでのコンポストトイレプロジェクトの打合せでした。

ここ数年、現地には毎年足を運んでいるのですが、経済発展のスピードには目を見張るものがあります。

人々のパワーに勢いがあるのはすばらしいのですが、環境へのインパクトはやはり懸念が残るところ。

微力ながらも、現地の環境保全のお手伝いができればと、色々と考えを練っているところです。


ホイアン「U cafe」


カフェから出る全ての排水を微生物の力で浄化し、テラスの池に還元しています。


日本工業大学の樋口准教授や現地の建設会社の方と、チャム島の新プロジェクトについて打合せ。
樋口さんは排水の植物浄化システムや生ごみの堆肥化モデルの専門家です。